有名なところ

オールドロックファン垂涎のブランド

RICKENBACKERといえば、市販モデルとしては世界で初めてエレキギターを製作したことで知られるアメリカの老舗ギターメーカーです。アコースティックギターも一部作っていますが主力商品はやはりエレキギターで、一流のプロギタリストからアマチュアまで多くの人に愛好されています。 RICKENBACKERの名が世の中に知られるようになったのは、1950年代から1960年代にかけてのことです。50年代の終わりにロックンロール黎明期の多くのミュージシャンがステージ上で使用したことで知名度が高まり、さらに60年代に入ってからはイギリスのビートグループが盛んにRICKENBACKERをプレイしたことで人気は爆発的に高まりました。現在もこの時代の音楽を愛する人たちを中心に世界中にRICKENBACKERのファンが存在します。

ヴィンテージモデルはかなりの高値

RICKENBACKERは現在も新作を発表し続けていますが、人気が高いのはやはり1950〜1960年代のヴィンテージモデルです。コピーモデルでさえ人気があるくらいですから、当時に製作されたものとなれば中古ギター市場ではかなりの高値が付いています。もし手元に当時のRICKENBACKER製品があるなら、かなりの値段で引き取ってもらえる可能性があります。 こうした中古ギターは、街中のギターショップで買取窓口を設けているところに持ち込めば査定のうえ買取してもらえます。また、最近ではブランド品や貴金属を扱う総合買取業者の中にも楽器部門を設けて買取に応じているところがあります。それらの業者の中には持ち込みのほか出張買取サービスを行っているところもあります。